「いつ」「何処に」「どのポケモンが?」いるのかわかる!すごいツール!Pokevision!!!!

リリースから4日目に入りました!

ポケモンGO!

みんなやってますか!?

ポケモンを探し求めて、街を練り歩いてる人たちが日に日に多くなってきてますね!

ブームを感じます♪

今日はレベル18になりました!

ルアーモジュールだらけの“祭り”の場所に行くと、モンスターボール不足が否めません…(^_^;)

 

凄いツール「Pokevision」

今日ご紹介したいのは、Pokevision!

このツール、凄いんですよ!

最初の頃は何でも“初めて捕まえるポケモン”ばかりだったのが、だんだんとより強いポケモンを求めるようになり、そろそろ、目的のポケモンが決まってきてるのではないでしょうか?

『フシギダネをいっぱいゲットして進化させたい!』

とか

『イーブイの進化先モンスターを全種類集めたい!』

とか。

だんだんと贅沢になってきますよね(笑)

そんな時に活躍するのが、今回ご紹介するツール「Pokevision」です!

Pokevision公式サイト

(7月26日0時現在、アクセス集中によってメンテナンス中のようです…)

Pokevisionの使い方

メンテナンスが終了したら是非試してほしいのですが、このツールが便利なこと!

いつ、どこに、何のポケモンがいるのか?をターゲッティングしてくれます。

僕が試したところ、精度もそんなに悪くはないですし、何より目的のポケモンが見つかるので、進化させるのが早いです!(モンスターボール不足も解消されますねw)

まずは公式サイトにアクセス

Pokevisionにアクセスしたら、[fukuoka]と地名を入れるとおおよその土地へ移動します。

スクリーンショット 2016-07-27 14.23.53

右上の検索窓に地名を入れる(英語)

まずは検索窓からおおよその都市名を入れましょう。

すると、都市の主要場所が表示されます。

あとは、Googleマップを扱うようにスクロールすればOKです(^ ^)

 

スクリーンショット 2016-07-27 14.31.01

おおよそのマップが表示されるので、スクロールして目的の場所へ

例)[fukuoka gion]などのように、詳細な地名にも対応できますので、検索したい場所が明確に決まっている時は、近くの駅名などで検索をかけてみましょう!

マップを見てみると、ポケモンのアイコンと何やらカウンターが付いているのがわかります。

そうです!ポケモンの出現には時間制限が設けられているんですね!

このカウンターが0になる前に、ポイントへ行くと高確率で目的のポケモンに会えます(^ ^)

あ、イーブイ欲しい!

 

スクリーンショット 2016-07-27 14.31.14

ポケモンを指定して検索することも

マップ内の右上にタブがありますので、こちらから目的のポケモンを指定して検索することもできます!(これは便利!)

ただし、現在は日本語は実装されていないので、サイト内の言語は英語のみとなります。(が、ポケモンの姿が見えるので、充分使えると思います(^^)

このアルゴリズムを発見したのはすごいですよね!

現在、Pokevisionのように幾つかのポケモンレーダーがありますが、他のレーダーと比較すると圧倒的にPokevisionの精度が高いです!(そのうち日本ではアプリで配信されるかも…)