ミュウツー出現!捕獲動画!!を外国人トレーナーがYouTube配信w

『ポケモンGO ミュウツーを入手する瞬間!マスターボールでゲット!』

と題して、外国人トレーナーがミュウツーをマスターボール(どう見てもスーパーボールw)で捕獲する動画が配信されています(笑)

僕のテンションでもお分かりになると思いますが、思いっきりコラですw

ARをONにしているのに、画面が固定されているんですよね(笑)

しかし、これでも本家の再生回数は100万回を超えている!!というから…ガチのミュウツー情報が出てきたら、一体どうなっちゃうんでしょうか!?

ミュウツーは配信されていない!!が最有力

ニンテンドーですら予想していなかったほどの一大ムーブメントを巻き起こしているポケモンGOですが、ニンテンドーとしては一過性のブームではなく、なが〜く遊んで欲しいゲームのはずです。

IT・Web業界ではアプリの滞在時間や、ログイン時間帯、ログイン男女比などを重要視しますが、そのどれもをポケモンGOは一瞬で抜き去りました。

まさにアプリ界の絶対的王者となったわけです。

このグラフも有名ですよね。

ポケモンGOがこれまでの課金型ゲームの売上を一瞬で抜き去りました。

そして…日本でも22日にリリースされてから24時間経たずにApp storeの売上ランキングでトップへと躍り出ました。

 

ポケモンGOはIT業界では大迷惑!?

今、ポケモンGOはアプリ業界の常識をすべてちゃぶ台返ししてる状態です。

この現実とゲームを結びつける!というテーマ。

これまでにもイングレス(ポケモンGO開発元)や、最初に位置ゲーを始めた「コロプラ」

半年ほど燃えて影に入ってしまった「ナイアンティック」など…どちらかというと、失敗作のイメージのあるゲームジャンルです。

image1-17

ですが、ニンテンドーは間髪入れずに2016年秋には、ビッグタイトル「どうぶつの森」をリリースするのでは!?という情報まで関係筋には出てきていますし、ニンテンドーの天下はまだまだ続きそうです。

僕は、スマホゲームは無課金で遊びたい派なので、課金することにはかなりの抵抗がありますが、これから、ポケモンGOが本家「ポケモンGO」以外での経済効果を呼び起こしていくことを考えると…一過性のブームで終わらせる手は全くないでしょう。

 

ミュウツーブランドには経済効果がある

このような角度からミュウツーのお話をする記事もなかなかないと思いますので、続けます(笑)

見出しの通り、ミュウツーというものはもはやブランドになっています。

海外では、ミュウツーを追いかけて高速道路を分断する人々…なんて動画も。。。(個人的には、これもコラだと思っています)

先日ご紹介した大学内での動画も▼

鶴舞公園の一件もそうですね!

日本でも、このような形でミュウツーは人を惹きつけますw

つまり、ポケモンGOは莫大な経済効果を持っていて、数多くの企業が便乗営業してもまだまだ余りあるほどです。

そして、その中でも圧倒的なカリスマ性を誇るのが、ミュウツー!というわけですね。

このミュウツーに乗っかれば、“誰でも稼げる可能性がある”という、ミュウツーバブルなんです。

だからこそ、YouTuberやその他SNSなどではミュウツーの話題が絶えないのでしょう。

 

奥の手はそうそう出さない

ミュウツーは、ニンテンドーの奥の手です。

もしもこの先、ポケモンGOが下火になることがあっても、タイミングさえ間違わなければ、ブームの再燃させることができますし、このままブームが続くのであれば、さらなる燃料として火力を倍加せることができるツールです。

そのミュウツーを軽々しく出してくるとは、とても思えないのです。

ヘタなガセネタに踊らされるよりも、この二度と味わえないポケモン初期の感動を味わいましょう(^ ^)